透明度も優れている【目的に合ったアクリル板づくりの術】

HOME>特集>優れた加工性を持つアクリル板を用途に応じて発注しよう!

目次

アクリル板の特性

アクリル板は透明度が高く、ガラスの透明度はおよそ92%となっているのですがアクリル板の透明度はおよそ93%とガラスよりも上回る透明度となっています。また、アクリル板は耐衝撃性も高くなっているため万一割れてしまったとしても破片が飛び散ることもほとんどありません。その他にもアクリル板は加工性にも優れており、穴を開けたり、曲げたり、切断をしたりすることも容易にできるため色々なものに活用されています。例えばパソコンや看板、水槽や商品を陳列するためのディスプレイなど幅広く使用することができるので、用途に応じてアクリル板を購入すると良いでしょう。カラーは何も透明だけというわけではなく、最近はカラーバリエーションにも富んでいて透明のものから不透明なものまであります。

加工してもらうことができる

アクリル板を購入し、自社で加工するという方法もとることはできますが業者に依頼すれば理想通りの仕上がりのアクリル板を入手することが可能です。ですから、アクリル板を購入する際は加工も一緒に専門業者にお任せしておくと良いでしょう。商品を陳列する際のディスプレイを購入したいという場合、縦の幅や横の幅を伝えることでその通りに仕上げてもらうことができます。商品によって大きさは異なるため、ディスプレイとしてアクリル板を使用するのであれば商品に合わせた大きさに加工してもらうと良いです。特に大きい商品の場合はアクリル板に収まらないため幅を調整してもらうことが大切となります。また、台座の色を変えることで商品も映えるので、目的に合わせて依頼をすると良いでしょう。業者によってはサイト上にカタログを掲載していることもあるので、業者を選ぶ際はカタログを参考にすると良いです。

広告募集中